0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

クレストール錠 20mg 28錠

クレストール錠 20mg 28錠
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

クレストール錠 20mg 28錠

通常価格:¥8,822 税込
¥8,822 税込
商品コード: U-04978
関連カテゴリ
在庫: 有り
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
成分       ロスバスタチンカルシウム

内容量      28錠

製造元      アストラゼネカ

出荷国      タイ
クレストール錠 20mgは、高脂血症改善薬です。リスタチン系のコレステロール低下薬の中でも強力な薬になります。有効成分ロスバスタチンカルシウムが悪玉コレステロール(LDL)を下げ、善玉コレステロール(HDL)を増加させます。
高脂血症は、患者さんの自覚なく症状が進んでいくケースが往々にしてあります。
見かけが痩せている人でも、この病気の人は沢山いますので、お薬の投与を途中でやめてしまい悪化している隠れ高脂血症の方も居ます。
放っておくと血管中のコレステロールが原因でプラーク(コブ)が出来、これが動脈硬化、心筋梗塞、心不全、脳卒中などありとあらゆる血管系の病気につながります。
じわじわと来る病でもありますので、根気よく治していくことが大事です。
クレストール錠は、リスタチン系の薬の中でも強力で、1日1回の服用で持続性があります。
高脂血症としてのお薬としてだけでなく、既に心筋梗塞を起こした人が、再び起こすリスクを防ぐ為にも処方されます。
血中中性脂肪を抑えられることから、動脈硬化、糖尿病、高血圧にも効果があるとされています。


用法
通常、成人にはロスバスタチンとして1日1回2.5mgより投与を開始するが、早期にLDL-コレステロール値を低下させる必要がある場合には、5mgより投与を開始してもよい。なお、年齢・症状により適宜増減する。
1日最大用量は20mgまで。
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
頭痛、吐き気、胃腸障害、だるさ、食欲不振、発熱、発疹、皮膚が黄色くなる(肝臓)。
手足に力が入らない、手足の痺れ、筋肉痛、歩行困難(横紋筋融解症)。
から咳、息苦しさ、息切れ(間質性肺炎)。
飲み合わせに注意の必要な薬が多い薬になります。
また症状や体質により、服用量や飲み合わせが異なります。
飲み合わせを間違うと副作用が出る場合もありますので、服用前に担当の医師・薬剤師に確認してください。
高脂血症のお薬は継続して飲んでいく薬ですので、副作用を未然に防ぐ為にも定期的に検査を受けてください。

注意事項
妊婦の方、授乳中の方の服用はおやめ下さい。
以下の症状の方は服用が出来ません、ご注意下さい。
重篤の肝臓病、腎臓病、免疫抑制薬のシクロスポリン服用中の患者さん。
以下のお薬との併用は横紋筋融解症が出やすくなります、ご注意下さい。
他の高脂血症のお薬(フィブラート系)、マクロライド系抗生物質(クラリス、ジスロマックなど)、ワーファリンカリウム、制酸胃腸薬。
甲状腺機能低下症や筋肉系の持病をお持ちの方にも注意が必要なお薬です。
詳しくは、薬剤師もしくは担当の医師にご相談の上、服用をお願いいたします。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。