0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

アスピリン500mg 120錠

アスピリン500mg 120錠
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

アスピリン500mg 120錠

通常価格:¥4,730 税込
¥4,730 税込
商品コード: U-00176
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      アスピリン
 
内容量     8錠×15シート
 
製造元     バイエル
 
出荷国     タイ
「アスピリン500mg」は、バイエル社の解熱鎮痛消炎剤です。有効成分のアスピリン(アセチルサリチル酸)が、発熱や痛みの元となるプロスタグランジンの産生を抑制して、優れた効果を発揮します。アスピリンは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の代名詞ともいわれる薬で、外傷、術後疼痛、頭痛、歯痛、月経痛、筋肉痛、関節痛、神経痛などの抗炎を抑えて痛みを鎮める効果があります。また、血液の凝集を抑制して血栓の形成を防ぐ抗血小板作用をもつことから、狭心症、脳梗塞、心筋梗塞などにおける血栓・栓塞の抑制や、川崎病における心血管障害などの治療などにも用いられています。

◆アスピリン喘息とは
喘息のうち、アスピリンを含む非ステロイド性抗炎症薬によって誘発される喘息発作です。薬の服用により血圧低下や呼吸困難、意識障害などのアナフィラキシー様症状があらわれ、重篤な喘息発作から死に至るケースもみられます。初めて非ステロイド性抗炎症薬を服用した場合に起こることもあれば、以前から服用していたにも関わらず、突然急性発作を引き起こす場合もあります。

◆アスピリン効果効能
頭痛、歯痛、抜歯後の疼痛、月経痛、咽頭痛、耳痛、関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、肩こり痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱 等

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
胃痛、腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、発疹、じんま疹、むくみ、肝臓や腎臓の機能低下 等
重篤な副作用として、アナフィラキシーショック様症状、消化管出血、肺出血、脳出血、眼底出血、重い皮膚症状、重い血液成分の異常、喘息発作の誘発、重い肝障害、消化性潰瘍・胃腸出血 等

注意事項
※以下に該当する方は服用できません。
・アスピリン喘息の方
・15歳未満の方
・消化性潰瘍がある方
・出産予定日12週以内の女性など
※以下に該当する方は服用前に医師にご相談ください。
・薬や食品に対し、アレルギーのある方
・胃潰瘍など消化性潰瘍のある方
・血液の病気や出血傾向のある方
・肝臓病、腎臓病、心臓病、喘息などがある方
・妊娠中の方、高齢者
※他剤との併用や持病がある場合は、服用前に医師にご相談ください。
※お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
※直射日光を避け、湿気のない冷暗所に保管して下さい。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。