0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

テノーミン錠50mg

テノーミン錠50mg
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

テノーミン錠50mg

通常価格:¥2,530 税込
¥2,530 税込
商品コード: U-02829
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      アテノロール

内容量     14錠×4シート

製造元     AstraZeneca

出荷国     タイ
テノーミンはベータ遮断薬(ベータブロックカ―)と呼ばれる薬品系統に属する血圧を下げる医薬品です。
心臓の拍動を活発にしたり、血圧を上昇させる交感神経のβ受容体を遮断し、心臓の拍動を抑制し、血圧を下げる機能を持つ薬です。また、テノーミンは、高血圧症(本態性高血圧症)治療の他、狭心症や不整脈の治療にも処方される医薬品です。
テノーミンの成分であるアテノロールは、ノルアドレナリンのβ受容体との結合を阻害して、心臓の収縮作用を抑制して脈拍回数を減少させる機能を持ち、この機能の効果で血圧を低下させます。
本剤の大きな特徴の1つに心臓だけに作用して気管支への影響を殆ど与えない事が挙げられます。
テノーミンの機能は、他の器官に作用せず、心臓だけに選択的に作用します。これを「心臓選択性薬」と呼んでいますが、この選択性により、気管支等への影響が回避できるので、糖尿病や呼吸器疾患等の合併症の危険がある患者や高齢者の方の治療薬としても処方されています。この系統に属する医薬品は、海外の臨床実験では、脳梗塞や脳卒中を防ぐとの実証データも得られています。また、テノーミンには、内因性の交感神経刺激作用もありません。テノーミンは、吸収性や代謝スピードが遅いのもその特徴の1つであり、成分多くが腎臓から直接排せつされ、また、脳内に入り込みにくいので、中枢神経性の副作用である、気分が悪くなるといった症状も殆ど報告されていません。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
テノーミン主な副作用として、服用後に血圧が低下し、ふらつきやめまい、脱力感、倦怠感を感じるとの事例報告があります。また、しびれ、高血糖、末梢性浮腫等の症状が現れる可能性も考えられます。更に、不眠や眠気がさす、脱毛や冷や汗、、耳鳴り、錯乱、悪夢、気分の変化やうつ状態といった精神的な変調や勃起障害等の症状も、本剤の副作用として考慮する必要があります。

注意事項
テノーミンの服用後には、心電図検査、血液検査を定期的に受ける必要があります。
テノーミンの服用後は、めまいやふらつきを感じることも考えられるので、テノーミン服用中は、高所での作業や車の運転、また、危険な機械を扱う作業に従事する方は、十分注意するか、若しくは、控えるべきです。また、褐色細胞腫を患って方の場合は、テノーミン服用で急激な血圧上昇の可能性もあり得るので、テノーミンの単独服用は止めてください。更に、本剤成分に過敏反応を示す既往症がある方や糖尿病性ケトアシドーシス・代謝性アシドーシスの方 、・高度の除脈・房室ブロック・洞房ブロック・洞不全症候群の方 、・うっ血性心不全の方 、・低血圧症の方、 も本剤の使用は避けてください。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説 明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。
関連商品 Relate Products

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。