0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

アプロヴェル150mg (降圧剤)

アプロヴェル150mg (降圧剤)
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

アプロヴェル150mg (降圧剤)

通常価格:¥2,838 税込
¥2,838 税込
商品コード: U-08770
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      イルベサルタン 150mg
製造国     フランス

製造元   サノフィ・アバンティス(sanofi-aventis)
出荷国     タイ
有効成分イルベサルタンが、血圧を上昇させる体内物質アンジオテンシンに直接働きかけ、血圧を調整し、血管拡張を押さえる役割を果たします。
従来の降圧剤と大きく違うのは、体内物質に直接働きかける事に成功しているので、お薬服用時の咳がなくなったことです。

高血圧症に処方されますが、血圧を正常に保つ必要のある病気に有効なお薬とされています。
他の降圧剤と大きく違う点は、心臓と腎臓への負担が軽減されている点です。
その為、心臓疾患、糖尿病、合併型腎臓病の方に処方されています。
また、これらの患者予備軍である高血圧症の方にも処方されるお薬です。
同じアンジオテンシンに働きかける降圧剤でも、プロプレス8mgが、一日一回服用と持続性がありますが、こちらは利尿剤を服用されている患者さんや慢性心不全、腎不全の患者さんには注意が必要です。
その点では、アプロヴェルの効果は一日一回の経口投与で臓器に負担がかかりにくいという点では評価されています。
一般名はイルベサルタンとして処方されていて、日本ではイルベタン、アバプロ、アプロフェルのいずれかの商品名で市場に出回っています。
アバプロでは、利尿剤との配合剤も処方されています。
これにより患者は、服用する薬が減り体への負担が軽くなることも利便性の一つです。
一日の最大服用量は200mgで、病状により一回の服用量を50mg〜服用量を調整していきます。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
主な副作用として、薬によるアナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、発汗など)。
吐き気、体のだるさ、頭痛、腹痛、筋肉痛が挙げられます。
重篤になりますと、低血糖による手足のしびれ、歩行困難が出てきます。
降圧剤ですので、血圧低下が起こり、悪寒、不整脈、意識障害が起こることがあります。
肝機能が弱い場合には、肝炎、腎臓機能が弱い場合には腎不全、高カリウム血症が副作用に出る場合があります。
いずれにしても、副作用が出た場合には、ただちに服用をやめ、かかりつけの医師にご相談下さい。

注意事項
妊娠中の方、虚血性腎不全、重篤な肝機能障害の場合は、服用ができませんので注意してください。
また副作用の関係上、服用に医師の同意が必要な方もいますので、ご注意下さい。
脳血管障害、高カリウム血症、血液透析中の患者さんなどは、充分な注意が必要です。
稀に併用で、中毒及び、副作用を誘発する危険性のある薬がありますので、ご注意下さい。
ニトログリセリンなど併用すると副作用の一種である高カリウム血症を誘発する患者さんも服用は避けてください。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。
関連商品 Relate Products

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。