0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

Avandamet(アバンダメット)

Avandamet(アバンダメット)
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

Avandamet(アバンダメット)

通常価格:¥10,999 税込
¥10,999 税込
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      メトホルミン
        マレイン酸ロシグリタゾン
製造国     http://glaxosmithkline.co.jp/corp/

製造元   グラクソスミスクライン株式会社
出荷国     タイ
アバンダメットの有効成分はメトホルミン(塩酸メトホルミン)とマレイン酸ロシグリタゾンの2種類です。メトホルミンは古くから糖尿病治療に用いられてきた歴史を持つビグアナイド系の血糖降下薬です。インスリンに対する感受性を高めることが可能で、肝臓での糖分の生成を抑えることで血糖を下げます。インスリン非依存型糖尿病に対して適応され、特に肥満型に高い効果を発揮します。SU薬(スルホニル尿素薬)のようなインスリン分泌促進薬とは一線を画し、膵臓のインスリン分泌に頼るのではなく直接的に肝臓に働きかけ血糖降下します。
またマレイン酸ロシグリタゾンはチアゾリジン系インスリン抵抗性改善薬であり、2型糖尿病治療薬です。血液中のブドウ糖濃度をコントロールする作用を持ちます。
血糖値のコントロールが低下する主な要因はインスリン抵抗が強くなることと膵臓のβ細胞機能の低下が考えられます。大規模な臨床試験ではマレイン酸ロシグリタゾンの影響でβ細胞機能の低下を有意に防ぐことが認められました。また空腹時に本剤を内服することで、血糖コントロールの進行的な機能低下をより遅らせることが判明しています。安定した血糖値を長期で維持することが証明されました。
2つの主要成分の効果により、2型糖尿病の治療のゴールを達成することが出来ると期待されています。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
悪心、腹部の不愉快感、浮腫、むくみ、発疹、蕁麻疹、極端なねむけなどが現れる場合があります。

注意事項
・本剤は自己判断ではなく必ず医師の判断にて内服をしてください。
・投薬中に低血糖症状が発生した場合は必ず医師に報告してください。
・現在持病を持ちの方、また過去に病気やけがなどの既往歴を持つ方は投与に慎重になる場合がありますので、必ず医師に相談してください。
・飲み合わせに注意が必要なお薬が多数ありますので、医師または薬剤師にご相談ください。
◆アバンダメットは、日本国内においては医師の処方を必要とする【要指示薬】です。
◆本剤の説明文は英文記載の能書を翻訳したものである為、使用方法等が日本における医療従事者の見解と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、第三者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。
関連商品 Relate Products

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。