0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

ビノジット250mg(感染症薬)

ビノジット250mg(感染症薬)
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

ビノジット250mg(感染症薬)

通常価格:¥3,300 税込
¥3,300 税込
商品コード: U-05878
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      アジスロマイシン 250mg
製造国     http://www.sandoz.jp/

製造元   サンド株式会社
出荷国     タイ
マクロライド系抗生物質『ジスロマック』のジェネリック(後発薬)になります。
有効成分アジスロマイシンが細菌の細胞質に含まれるリボゾームの働きを阻害する事で、細菌を死滅させます。
リボゾームは蛋白質を製造する役割をし、いわば細菌の体を作る役割をしています。
この働きを壊す抗生物質をタンパク質合成阻害薬と呼びます。
人間の体にもリボゾームはありますが、細菌のもつものと構造が違うので薬の影響は受けないことから、抗生物質が使用されています。
薬剤の構造上、長期間体内に留まる事が出来るため、薬剤半減期が68.1時間と極めて長いのも特徴です。
他の抗生物質が、平均7日間、毎食後に服用しなければいけないのに対し、ビノジットは僅か3日間服用するだけで、7日間服用したのと同じ薬効がえられるのが特徴です。
有効成分が細胞内に浸透しやすいマクロライド性抗生物質は、病原菌によりダメージを受けやすい白血球に蓄積しやすい特質を生かし、抗菌力を発揮します。
その中でもビノジットは同じマクロライド系の中でも消化器症状も少なく、薬物相互作用も少ない事で知られています。
ペニシリン系など、βラクタム系の抗生物質が効かない、マイコプラズマ肺炎などに処方される抗生物質です。
他にも呼吸器系感染症、尿道炎、皮膚科および歯科領域の感染症にも適応されます。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
主な副作用として、お薬の抗菌作用からくる胃腸障害と腸内環境の乱れ(下痢、胃もたれ、胸焼け、頭痛、悪寒)があります。
安静にして、1〜2日で収まる程度でしたら問題はありませんが、生活に支障をきたす場合、副作用により著しく体力が落ちる場合は、医師の診察を受けることをお勧めいたします。
稀に以下の様な症状が副作用として出る場合があります。
アナフィラキシー症状(粘膜の腫れ、発疹)、偽膜性大腸炎(頻回の下痢、血便 )、肝機能障害など。
この様な症状が出た場合には、休薬の必要がありますので、医師の診断を受けて下さいますようお願い致します。

注意事項
以下の方は、このお薬を服用できません、ご注意下さい。
マクロライド系抗生物質に対して既往歴のある方、エルゴタミン含有製剤を服用中の方 、ピモジド服用中の方。
肝機能障害、腎機能障害、心疾患(特にQT延長を発生する可能性のある)方。
以下のお薬を処方されている方は慎重投与になります、詳しくは薬剤師にご相談下さい。
強心剤(ジゴキシン)、免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリスム )、抗血栓剤(ワーファリンカリウム)、気管支拡張剤(テオフィリン)など。
高血圧のお薬のカルシウム拮抗剤との併用で、血圧が下がりすぎる恐れがあります。
他にも飲み合わせに注意するお薬がありますので、処方されているお薬があります場合には、服用前に薬剤師にご相談下さい。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。