0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

シフロキシン

シフロキシン
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

シフロキシン

通常価格:¥3,740 税込
¥3,740 税込
商品コード: U-00589
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      ノルフロキサシン
製造国     タイ

製造元   Siam Bheasach Co.,Ltd
出荷国     タイ
ニューキノロン系の合成抗菌剤で、レキシノのジェネリック(後発薬)になります。
今まで細菌感染症の治療には、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質及び抗菌薬が用いられて来ました。
しかし、これらの抗生物質に対し、菌が耐性を身につけだした為に、新しく開発されたのが、ニューキノロン系のお薬になります。
有効成分ノルフロキサシンは、第IIa世代キノロンと呼ばれる部類に入り、細菌のDNA複製を阻害する事で、細菌を死滅させて行きます。
抗菌力が強く、淋病尿道炎や前立腺炎(急性・慢性)、腸チフス、コレラ、感染性腸炎、皮膚感染症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、膀胱炎、腎盂腎炎、中耳炎、副鼻腔炎、と幅広い分野に処方されます。
副作用が少なく、あったとしても抗菌作用に伴う腸内環境の乱れから来る胃腸障害や、体調の乱れが主なものです。
しかし稀に以下の様な、重篤化する症状が出る場合があります。
アナフィラキシー症状(蕁麻疹、粘膜の腫れ、悪寒など)、血液成分の異常(発熱、喉の痛み、口内炎、歯茎や皮下出血)。
間質性肺炎(空咳、息苦しさ、熱っぽい)、横紋筋融解症(足がつる、尿の異常、筋肉痛など)。
大腸炎、腎機能および肝機能障害。
以上の様な症状が見られた場合には、休薬の必要がありますので、ただちに医師の診断をうけて下さいますよう、よろしくお願い致します。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
主な副作用として胃腸障害(下痢、胃もたれ、むかつき、だるさ、吐き気、軟便など)が挙げられます。
これは、抗菌作用による腸内環境のバランスの乱れからくる内臓の不調が、体調にも影響を及ぼすためです。
1〜2日で収まらず、生活に支障をきたすようでしたら、担当医師及び薬剤師の方にご相談下さい。
胃腸障害が気になる方は、医師に制酸剤もしくは、胃粘膜保護剤を処方して貰いましょう。
ただし、制酸剤及び胃粘膜保護剤の服用は、本剤の薬効に影響が出ないように、本剤服用から2〜3時間後にしてくださる様、お願い致します。

注意事項
以下に該当される方は、このお薬を服用できません、ご注意下さい。
妊婦の方、ニューキロン系抗菌薬にアレルギー既往歴のある方。
ステロイド薬(フェンブフェン)、非ステロイド性抗炎症薬(フルルビプロフェン、この薬のプロドラッグの、フルルビプロフェンアキセチル)を投与中の方。
喘息の薬テオドール、免疫抑制剤(シクロスポリン)、抗血栓薬のワーファリンカリウムを服用されている方は、このお薬の血中濃度を高めます。
全身状態の悪い方、重篤な腎機能障害、肝機能障害をお持ちの方、高齢の方、痙攣発作を起こす持病をお持ちの方や、小児には慎重投与となります。
セフェム系など、他の抗生物質を投与して効果がなかった場合のみ、服用して頂きますようお願い致します。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。