0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

シフラン500mg(シプロベイのジェネリック)

シフラン500mg(シプロベイのジェネリック)
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

シフラン500mg(シプロベイのジェネリック)

通常価格:¥5,500 税込
¥5,500 税込
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      塩酸シプロキサシン
製造国     http://www.ranbaxy.com/

製造元   RANBAXY
出荷国     タイ
ニューキノロン系の合成抗菌剤で、『シプロベイ』のジェネリック(後発薬)になります。
グラム陽性菌、陰性菌両方に効力を発揮するのが特徴です。
有効成分塩酸シプロキサシンが、細菌の増殖に必要な核酸の生成を阻害します。
これは塩酸シプロキサシンが、DNA二本鎖の切断・再結合を行う酵素・DNAジャイレースに結合し、細菌がDNAの複製を作れないように働きかけ、細胞分裂を阻害し、死滅させるのです。
米国では塩酸シプロキサシンは炭疽症の第一選択薬となっています。
現在日本では、殆ど見ることのなくなった炭疽症ですが、海外から帰国された場合には、未だ感染の確立も高い病ですので、要注意です。
炭疽症は、人から人への感染はありませんが、毛皮、感染した調理不十分な肉、小さな傷からの感染などで起こる確立のある病です。
特に空気感染から起こる肺炭疽症は致死率が高く、早期発見、抗生物質の投与による根本治療が望まれます。

処方範囲は広く、ペニシリン系やセフェム系など、βラクタム系の抗生物質で耐性菌が出てしまった場合やアレルギー反応があった場合にも使われます。
咽頭・喉頭炎、扁桃炎、・気管支炎、肺炎、腎盂腎炎、尿道炎、前立腺炎、淋病、毛嚢炎、中耳炎、副鼻腔炎などに処方されます。
また、抗菌力の強さから、外傷及び手術後の二次感染の予防にも使用される事もあります。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
主な副作用として、胃腸障害(むかつき、胃のもたれ、軟便、吐き気、これらの症状からくる倦怠感)があります。
これは抗菌作用から来る腸内環境の乱れから来るもので、1日強で収まり生活に支障が出なければ問題ありません。
但し症状が長引き、生活に支障が出る場合は、医師の診断を受けて下さいますよう、宜しくお願い致します。
本剤服用において胃腸障害の副作用が気になる場合は、整腸剤(ビオフェルミンなど)、制酸剤もしくは、胃粘膜保護剤を処方してもらって下さい。
但し、制酸剤及び胃粘膜保護剤の服用は、本剤服用後2〜3時間間隔をあけて頂きます様、お願い致します。

注意事項
以下に該当される方は、このお薬を服用できません、ご注意下さい。
キノロン系合成抗菌剤に対しショック症状など既往歴のある方、妊婦の方、小児。
飲み合わせに注意の必要なお薬があります。
以下のお薬は、本剤の薬効と相互作用がありますので、ご注意下さい。
喘息のお薬(テオフィリン)、中枢性筋弛緩剤、免疫抑制剤(シクロスポリン)抗血栓剤(ワーファリン)、抗不整脈薬、シルデナフィル(レバチオ、バイアグラ)。
他にも持病があり、お薬を服用されている方は、本剤服用前に必ず医師に申告して頂きます様、お願い致します。
◆本剤は国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解 と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。