0
¥0

現在カート内に商品はございません。

売上ランキング
Q-Rコード
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

プロベン(尿酸の排泄)

プロベン(尿酸の排泄)
QR Code - Avendle
スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

プロベン(尿酸の排泄)

通常価格:¥7,755 税込
¥7,755 税込
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
成分      ヒドロコルチゾン
        ジブカイン塩酸塩
        エスクロシド
        フラジオマイシン硫酸塩
製造国     -

製造元   Roussel Laboratories Ltd.,
出荷国     タイ
プロベンの有効成分であるプロベネシドは、尿酸排泄促進薬の一種です。古くは痛風は対症療法以外に治療法がありませんでしたが、1950年代に本剤が登場したことにより痛風の根本治療が可能となりました。
尿酸とは、ヒトの体内で窒素代謝の最終生成物であり、ほとんどは尿から排出されます。ただしその時尿酸の一部は尿細管から再吸収されます。そして血中の尿酸値が上がることで高尿酸血症となり悪化すれば関節周辺に尿酸結晶がたまり、それを白血球が攻撃することから痛風となります。本剤は、尿酸が尿細管に再吸収される事を阻害する役割を果たし、結果的に尿酸排泄量を増やし、痛風やひいては高尿酸血症を改善させます。本剤の内服開始後には、痛風が悪化することも十分考えられます。関節に溜まった尿酸の結晶が血中溶け出すことから症状が悪化するのですが、一過性の好転反応的な現象です。関節に溜まった尿酸の排出が終わればその後の痛風発作は起きなくなります。
発現しやすい副作用として尿路結石がありますが、尿酸の排泄が促されることで、尿路に結石がたまりやすくなることが原因となります。薄い尿を勢いよく排泄することでこの副作用は予防できますので、水分の摂取を心がけて下さい。
尚本剤は元々ペニシリンの血中濃度を維持する為に開発されたお薬です。梅毒の治療でペニシリンを用いる時に、医師の判断により薬の効果を高める為に本剤と併用することもあります。

用法
本剤のご使用にあたりましては、医師や薬剤師の管理・指導の下で適切な使用をお願い致します。

副作用
尿路結石(下腹部痛、腰痛、背面痛、排尿痛、尿が濁る、血尿)、胃のむかつき、食欲減退、発疹、掻痒感、頭痛などが見られます。

注意事項
・本剤や本剤の成分に対し過敏症などの既往歴を持つ方、また血液の病気を持つ方は内服できません。
・持病、アレルギーのある方、現在他のお薬を内服中の方は事前に医師にお伝えください。
・本剤を内服後体調に異変が現れたらすぐに医師の診断を受けて下さい。
・医師から指示を受けた用量用法を厳守して下さい。
・内服中は飲酒をお控えください。
◆プロベンは国内では医師の処方を必要とする【要指示薬】です。本剤の説明文は英文の能書を翻訳したものであり、使用方法等が日本の医療従事者の見解と異なる場合がありますのでご留意ください。
◆輸入医薬品はご自身の責任の上で、他者に譲渡せずご自身にてご使用ください。
◆詳細は掛かり付けの医師または薬剤師にご相談ください。
◆弊社ではどのような責任も受けかねますのでご了承ください。
関連商品 Relate Products

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。レビューを投稿

レビューはありません。